一番人気のワークアウト

  ベンチプレス(チェストプレス)。
  筋力アップを目的としたワークアウトのなかで一番人気の種目です。
  
  
  胸の筋肉は自分自身でも非常に意識のしやすい筋肉ですし、ボディデザイン
  としても非常に重要なパーツですからね。
  スポーツクラブに行っても、チェストプレスマシンはいつも誰か使ってますし、
  フリーウェイトのコーナーでもベンチプレスは空いていることのほうが
  少ないくらいです。
  やる気になっているときに、マシンなどがそんな状態で塞がってワークアウト
  できないようだとせっかくの気持ちがなえてしまいますよね。
  そんなとき、おすすめしたいのがダンベルを使ったダンベルプレスです。
  ダンベルなら、マシンやバーベルを使うのと違い、動きが制約されないので、
  より深く広く筋肉を可動させることができます。
  プレス系の種目は、可動域を大きくすればするほど効果的ですからね。
  
  その証拠に、ジムなどで見かけるボディビルダー系の猛者の方たちは結構
  このダンベルプレスを好んでやってますよ。
  ただし、初心者の場合、一つ注意したいのがフォームのバランス。
  
  マシンなどのように決まった軌道がないですし、片手ずつダンベルを持って
  行うわけですから、当然左右バラバラにバランスをコントロールしなくちゃ
  いけません、
  重すぎるダンベルを使うと、カラダ全体がフラフラしてしまい、安全性の面
  からも危険ですから気をつけてください。
  ですから、例えば60kgのバーベルを使ってベンチプレスをしている人でも
  ダンベルだと15kg~18kgくらいがMAXの使用重量になると思います。
  いくら頑張ってベンチプレスをしてもMAXの重量がイマイチ伸び悩んでいる
  という方は是非試してみてください。
  マンネリを解消して、今居る踊り場から一段上がるきっかけになるかも
  しれません。
  実際のやり方を文章でこれ以上説明するのは厳しいものがありますし、
  安全性からも、是非、よりわかりやすい情報を提供したいと思っています。
  
  近々、このダンベルプレスのやり方もBodyQuestのレッスンコンテンツとして
  動画で提供したいと思ってますので、興味のある方は楽しみに待ってて
  くださいね。
  BodyQuest
  森 俊憲
 ■ BodyQuest  ———————————————-
   OnepointOrdermenuMailseminar
       ※効果的なワークアウトを[継続]できる実践的なノウハウがあります


新しい発見や出会いが次々と

BodyQuestのサービス開始に向け、このところ休み無しで
動き続けている。

アタマもカラダもフル回転!ってな具合。

去年までなら、この時間は決まって海外ドラマを連続で
2本観ていた。(土曜夜WOWOWのCSIね)

正直、社会人になってから一番真面目に働いているという
感じ(苦笑)

会社員時代には早く週末がこないかなぁなんてことをいつも
考えていた。
しかし今は、一日がもっともっと長ければと思う次第。

この心境の変化ってすごいですね。
我ながらそう思います。

そして、毎日そんな感じで無我夢中で突っ走っているなか、
昨日今日と、非常に良い発見や出会いがあった。

しかも立て続けに。

つい先週まではボトルネックになっていて、悩みの種だったことが
逆に嬉しい悲鳴をあげてしまいそうになるくらいに次々と打開策や
ものすごい協力者が現れた。

こういうことって何なんだろうと不思議に思う。

理由を考えてみると、やはり自分自身の変化なのかなと思う。

あきらめないこと。

そして、行動しつづけること。

そういう覚悟が自分を変えさせたのだろうと思う。

さらに、こういう小さな成功体験の積み重ねがセルフイメージをもっと
高めてくれることになるだろう。

と、自分が書いたことを見返すと、

私がボディデザインに関して、皆さんにいつも言ってることと本質的
には同じなんですね(笑)

ということで、明日も出勤決定です。

BodyQuest
森 俊憲

 ■ BodyQuest  ———————————————-
   OnepointOrdermenuMailseminar
       ※効果的なワークアウトを[継続]できる実践的なノウハウがあります


なにげに節目

”マンホール 両足そろえて 立ってみる”

自分が大学時代に詠んだ一句。
未知の世界への好奇心と不安が入り混じる、微妙な感覚をそのまま詠んだ。

私は俳句部に所属していたが、考えてみたら句会で票を集めたのは4年間でこの句だけだったかもしれない。
スポーツクラブとホテルバーでのバイトがメインの生活、たまに大学に行くと俳句部の部室に入り浸りだった。

この句は、真夜中、バイトの帰りにふらふらと自転車をこぎながらふと思い浮かんだもの。

あれから十数年経った今、まさにその心境がよみがえってきた。。

1月に12年間続けてきた会社勤めを辞めた。
そして、つい先日、何の確証もないまま独りで株式会社を立ち上げた。

でも、これが自分らしいのかなと思う。

まさにマンホールの蓋に両足をそろえて立っている感じ。

ばかばかしいかも知れないけれど、そういうことになんとなく惹かれる。

今日、新しいサイトを仮アップした。
中身はまだまだだが、諸事情があり中途半端な状態ででもアップせざるを得なかった。

というのが本音。

本当にまだまだ(苦笑)

しかし、新しいサイトをサーバーにアップするときにはいつもちょっとしたワクワク感を得る。
サイト全体をPUTするときには、まさに「えぃっ!カチ!」って感じ。

そしてブログも初投稿。

さて、これからですな。

BodyQuest
森 俊憲

 ■ BodyQuest  ———————————————-
   OnepointOrdermenuMailseminar
       ※効果的なワークアウトを[継続]できる実践的なノウハウがあります